キャッシングってなあに?

キャッシングと聞くとなんだか難しく、しかも騙されて金利などを高くとられているようなそんな印象はありませんか?実はキャッシングというのは基本的に返済能力のない人、もしくはそう判断された方には貸しだされたりしないのです。

それでもそんな印象になってしまうは実は、借りた本人が返さないままでいるのでどんどんと利子がたまっていってしまうからにあります。では利子とは何なのか、と思うかと思いますがキャッシングはビジネスです。誰も好き好んで親切にお金を貸してくれたりなんてことはご友人かご家族くらいしかありません。

キャッシングは借りたいと思った人が、キャッシングのサービスを提供する会社が準備している審査基準をクリアし、そして初めて利用できるものです。その審査基準になるのは、その人がどんな人なのか、借入したい金額はいくらだろうか。年収はいくらだろうか等、必ずキャッシングに必要な情報になります。そちらの申告で嘘をついたりすると、あとから返済できないような額を借りてしまって、返せなくなってしまったりなど問題が沢山出てくるの必ず嘘をついて申込しないのが常識です。

そしてこの借入した分に対してのレンタル料こそが金利であり利息になります。キャッシングの会社は、基本的にこの金利・利息が収入源となるお仕事なのでこのサービスを利用するということは、借りる側とキャッシング会社が契約を結び、借りたものは返しますよというのがルールなのです。


でも返済の方法とかが難しいんでしょう、と良く聞かれますがそんなことはありません。今は審査も返済方法もインターネットで情報を公開していますから、例えばインターネットから申込などをすると、その申込時にどういう形で返済ができるのかなどきちんと説明されています。なのでその返済計画に沿って、利用した分を返済すればいいのです。

便利なサービスだからこそ、ついつい借り過ぎてしまったり、例えばA社にキャッシングを申込したのにB社にも同じような申込をしてそれを使いこんでしまって返済がままならないという事も起こりえます。

どんな便利んサービスにも落とし穴ようなものは存在しますが、何よりもサービスを提供される側のモラルというのも問われているのかもしれません。便利なサービスだからこそ、正しい活用方法で利用し、返済計画を守っていくことで自分自身にとって最善なサービスになるのだと思っています。

メニューから選ぶ