分からないものは怖いものですよね

利用したことがないサービス、利用したことがない器材。そういうものって最初に一歩踏み出して使うのに勇気がいりますよね。そこで利用する前にする事といえば、そのものに対して調べるということです。今回は私が初めてキャッシングを利用させていただいた時に調べたことの話です。私は当時パートで働きながら主婦をしていました。ですがパートの時間も少なくなり、実質生活が厳しくはなっていました。夫の稼ぎが少なかったわけではありませんが、私達夫婦には養うべき相手がとても多かったので出来るだけ稼げればと思って頑張っていました。

ですがそういう時に限って、いろいろ故障したりするもので、私の場合は家の冷蔵庫が壊れてしまい、仕方がなしに買うことにしたのですがもともと大きめの冷蔵庫をいれているものですから買い替えるとなるとそれを同じサイズのものを購入しなければなりません。なので、まずは家電量販店に行き、大体の目星を付けた後でどれくらいの金額が足りないのかと調べて、キャッシングで借入する最低金額を決めることにしました。

夫の名義でも私の名義でもどちらでもよかったので、今回は私の名義でキャッシングの申込をすることになり、使ったことのないキャッシングサービスというのを調べることにしました。キャッシングのサービスを展開しているのは各種銀行と消費者金融(ノ―バンク)になります。銀行は基本的に消費者金融よりもずっと金利は安めですが、審査も時間がかかるうえ、しかも保証人などを立てないとサービスを受けることができないということがわかり、今現在だと消費者金融から借入をするしかないと分かりました。

そこで消費者金融といっても沢山の会社がありますから何処の会社が良いのか分からず、まずは比較サイトなどでそのサービスの違いを確認した後、私達に一番合ってるかなと思う所で申込をさせていただくことにしました。インターネットからの申込フォームに一つ一つ記載していき、あとは審査を待つだけというところまで行って、どれくらい審査にかかるのだろうと不安になりましたが、審査の時間は大体一時間もかからずに必要な金額を借入させてくれたこと、指定した口座に振り込んでくれたことが分かりました。

即日対応の可能という会社でしたが本当にレスポンスが早くてとても助かりました。そちらで借入させていただいた分で冷蔵庫を購入することができ、なんとか冷蔵庫の中にあったものが悪くならずにすみました。こんなに簡単ならもっと早くに利用すれば良かったと思いました。

メニューから選ぶ